ブラックリストとは延滞や破産などの事故情報が信用情報機関に登録されることです。

MENU

ブラックリストの対処法を考える

 

リスト

 

金融機関の世界に存在するブラックリストに自分の氏名などの個人情報が載ってしまうと、お金を借りられなくなったり、キャッシングカードが作れなくなったりと色々な問題が出てきます。

 

そんなブラックリストは、銀行やキャッシング会社に単語として存在していますが、その仕組みや載ってしまうデメリットを理解している人はあまり多くないでしょう。

 

 

そもそも金融機関におけるブラックリストは、本当にブラックリストというファイルやデータベースが存在するのではありません

 

銀行やキャッシング会社では、ブラックリストという単語や仕組みとして言葉が存在し、業界内で名前が使われているのです。

 

 

ブラックリストを指す仕組みは『信用情報機関』を指しています。

 

キャッシングや自己破産などで大きなトラブルを起こした人間は、信用情報機関に事故情報として登録されます。

 

信用情報機関は、キャッシングを一度でも利用したことがある人なら基本的に登録されます。

 

ブラックリストに登録されるデメリットとは?

 

 

?を出す男性

 

  • きちんと返済期限を守っているのか?
  • キャッシングの利用頻度や利用金額はどれくらい使っていたのか?

 

誰でもアクセスできるものではありませんが、キャッシング会社が要注意人物かどうかを判断するために信用情報機関を利用し、お金の貸し借りの判断を行います。

 

信用情報機関で延滞情報や破産情報などの事故情報が見つかったら、キャッシングの利用を断ることも金融会社は視野にいれなければなりません。

 

破産などの事故情報が信用情報機関に掲載されるという事は、次に自分の会社がお金を貸して、きちんと返済しなかったり、自己破産を起こす可能性が否定できないからです。

 

金融会社の利益は、顧客がきちんと返済し、その手数料や利子によって儲かる仕組みになっています。それがきちんと返済できず、会社にトラブルを与える人にお金を貸しても利益を作ることはできません

 

 

信用情報機関は、こうした破産やトラブルなどの事故情報を確認する場になっているのです。

 

金融機関におけるブラックリストとは、要注意人物のファイルやデーターベースがあるのではなく、信用情報機関に事故情報が載せられた人全般を指します。

 

基本的に信用情報機関に情報が載るだけでは、ブラックリストに載ったとはいえません。

 

一度でもキャッシングなどのお金の貸し借りを行えば、信用情報機関に個人情報が載るのが一般的です。

 

 

また、きちんと返済をしたり、小額のお金を借りただけなら信用情報機関に載った情報はメリットにもなります。

 

銀行やキャッシング会社が、『この人はきちんと返済期限を守り、安心してお金の貸し借りを行える』、そう判断してもらえられれば、新しいキャッシングカードの審査時間が短くなるかもしれないからです。

 

事故情報と言われる破産や返済トラブルなどが信用情報機関に掲載されると、その人は業界内でブラックリストに載せられた要注意人物に扱われます。

 

 

新しいキャッシングカードを作ったり、消費者金融を利用したするときは、基本的に信用情報機関にアクセスし、その人がブラックリストの人物かどうかを判断します。

 

金融会社によって審査の基準はまちまちです。

 

 

銀行のような審査の厳しいところは、一度でも事故情報が掲載されれば審査が通らない場合も十分にあります。

 

金利が低く、リーズナブルな料金でお金を借りられる銀行は、事故情報と言われるブラックリストに敏感に反応するからです。

 

 

キャッシング会社消費者金融は銀行ほど事故情報に敏感ではありません。

 

銀行の利用を断られた人が利用する金融会社として、キャッシングや消費者金融が存在するので、銀行ほどブラックリストの事故情報に敏感に反応することはありません

 

それでもブラックリストと呼ばれる事故情報を無視するわけではありません。

 

延滞や債権回収・代理弁済など、ブラックリストに載る内容はいろいろありますが、基本的に事故情報が3回以上信用情報機関に載せられると、利用を躊躇される可能性が出てきます。

 

審査が銀行に比べて緩いキャッシング会社や消費者金融でも、返済できない人にお金を貸すのは難しいからです。

 

 

返済や債権回収などの事故情報は、『信用によって守らなければいけない履行』を守らなかったことになります。

 

 

闇金業者の執拗な取り立てや、昼夜を問わない催促の電話などでお困りの方は、専門家に相談することをおすすめします。

闇金相談事務所を比較