未納の状態で他の携帯電話のキャリアと契約するのはかなり難しいです。

MENU

ブラックリストに載っても携帯電話の契約はできる?

 

スマートフォンを持つ男性

 

携帯電話を契約する場合でも、金融機関の信用情報を参照する場合があります。
なぜかというと、携帯電話の料金の未払いがある場合は、金融機関の信用情報機関に登録される為です。

 

ブラックリストに載る、ということは信用情報機関に金融系の事故情報が登録されていることですから、ブラックリストに載っていることが携帯電話会社でもわかってしまうのです。
それでも携帯電話を契約する事は出来るのでしょうか。

 

 

携帯電話の未納が無ければよい場合もある

携帯電話の企業が審査のときに確認しているもののほとんどは、「携帯電話の契約の状態や、料金の未納か無いかどうか」がほとんどです。

 

携帯電話会社が金融機関の信用情報を確認するのは、「携帯電話の料金の未納」を確認することがメインで、ブラックリストに載っていても契約できない、といったことはほとんど無いようです。
そのため、ブラックリストに載っているいない関係なく、携帯電話の料金の未納がたびたび起こっていると、新たに携帯電話の契約ができにくい可能性があります。

 

また、携帯電話は高額な為、分割で購入する事が多いですが、その場合でもブラックリストに載っていても出来る事がほとんどです。
しかし、大手の携帯電話の企業だと、審査に通らない場合もあります。

 

 

携帯電話の料金が未納でもブラックリストに載る

携帯電話の料金が未納になってしまった場合、金融機関のブラックリストに載ることになります。
しかし、たとえ未納の状態でも全額きちんと返済していれば、未納してしまった携帯電話のキャリアと再び契約する事が可能です。

 

しかし、未納の状態で他の携帯電話のキャリアと契約するのはかなり難しい状態になるといえます。
それでも携帯電話を持ちたい場合は、格安SIMを契約する、という手段が残されていますが、格安SIMの場合は決済がクレジットカードのみのキャリアが多いため、クレジットカードを持っていない場合は他の支払い方法ができる格安SIMキャリアを探してみるしかありません。