お金を使う快感をコントロールできず、感情のおもむくままにお金を借りてしまう傾向があります。

MENU

載ってしまう人の傾向

 

頭をかく男性

 

ブラックリストに載ってしまう人は「お金の管理が甘い人」です。

 

キャッシングやクレジットカードは自分のお金のように扱えますが、自分のお金ではありません。

 

ATMに行けば、無尽蔵にお金を借りられ、自分の好きな物や美味しい食事を堪能できますが、それはキャッシング会社や消費者金融から借りているお金に過ぎません。

 

ブラックリストに載ってしまう方というのは、こうしたお金の管理に甘い人。
そう判断できます。

 

 

ブラックリストという単語は存在していますが、そのファイルやデータベースが業界内にあるわけではありません。

 

キャッシングやクレジットカードの審査に使われる信用情報機関のデータベースに事故情報と言われる問題行動を起こしている人『ブラックリストに載る』と比喩されています。

 

返済をきちんと行わなかったり、自己破産などの債務整理を行った。

 

簡単に言えば、キャッシングやクレジットカードを通してお金のイザコザを起こしてしまった人がブラックリストに載るのです。

 

信用情報機関は、多くの人の情報が掲載されています。その中には、「毎月のキャッシングやクレジットカードの利用をきちんと行っている。」、この情報も確認できます

 

こうした人の情報は、ブラックリストに載るとは言いません。

 

毎月のキャッシングやローンの支払いをきちんとしている優等生。
そんな印象をキャッシングやクレジットカードの審査担当者に与えるでしょう。

 

ブラックリストに掲載される期間

 

 

ブラックリストに掲載される人は、お金のトラブルを抱えやすい人です。

 

自分の収入以上のファッションや車、家を購入しようとする見栄っ張りの人や、買い物や水商売に消費することで自分の心の隙間や孤独感を埋めようとする人も借金を抱えやすくなるでしょう。

 

一度でもキャッシングの味を味わってしまったら、金銭感覚が麻痺し、自分を制御できなくなる人が出てきます。

 

お金を使ってしまう快感をコントロールできず、感情のおもむくままにお金を借りてしまう。

 

こうした人は最終的に自分の持っている収入以上のお金を借りてしまい、ブラックリストに登録されるまでに至ります。