信用情報機関の開示システムを利用すれば、誰にも知られることなくチェックできます。

MENU

ブラックリストの調べ方

 

虫眼鏡と男性

 

ブラックリストに自分の名前が載っているかどうかは、掲載されている信用情報機関に問い合わせるしかありません。

 

信用情報機関には、自分がブラックリストに登録されているのか開示できるシステムが存在します。

 

この開示システムを利用すれば、ブラックリストに自分が登録されているのか誰にも知られることなくチェックできます

 

自分の名前がブラックリストに登録されてるか確認したい。
気になった人は、信用情報機関の開示システムを利用して、情報の確認を行いましょう。

 

 

信用情報機関に開示請求をすれば、自分でブラックリストに登録されているのか確認できますが、必要書類の準備や開示に時間がかかるなどの問題が出てきます。

 

そんな時間や手間をかけるなら新しいキャッシングカードやローンに申し込んでみる。
そんなやり方をする人もいます。

 

たしかにブラックリストに自分の名前が掲載されていれば、新しいキャッシングカードやローンの手続きを進めることはできません。

 

断られなければ、とりあえず自分はブラックリストに登録されていない。
そう落ち着くこともできるでしょう。

 

しかし、このやり方を行うと、もしブラックリストに登録されていた場合に問題になります

 

自分でブラックリストに登録されている事を金融機関にアピールするようなものなので、金融機関からの信用を失うことに繋がります。

 

また、運よくブラックリストに登録されておらず、そのままキャッシングやローンの手続きが進められても、きちんと契約する意思がないので、会社にとっては非常に迷惑です。

 

キャッシングやローン会社はあなたがブラックリストに登録されているのかチェックするのも仕事ですが、会社の利益になると思っての行動です。

 

相手の時間や手間を拘束するだけで、何も契約しないで終わる場合も多いので、自分できちんと開示請求を信用情報機関に行いましょう

 

開示請求はそれほど面倒な手間ではありません。インターネットのやり方などを参考にして、自分で開示請求を行い、ブラックリスト登録の有無をチェックしましょう。

 

 

支払いの遅延がどのくらいあるとブラックリストに載る?