ブラックリストの掲載期間満了前に名前を消すことは可能なの?

MENU

リストから名前を消すことはできる?

ブラックリストからの削除

一度ブラックリストに名前や過去の事故情報が載ってしまうと、自分の意志で消すことはできません
ブラックリストには期限があるので、時間の経過でブラックリストから名前が消えるのを待つしかありません。
返済遅延や貸し倒しなどの返済トラブルだけではなく、既存の借入金が多いことも名前が載る要因です。
返済事故がなければ、保有しているクレジットカード、カードローンを解約したり、消費者金融やオートローンなどを一括返済することで名前が消える場合があります。

 

 

ブラックリストの掲載期間

ブラックリストにあたる信用情報機関は以下の3種類があります。

 

JICC(日本信用情報機構)

主な利用者:消費者金融、信販会社

 

CIC(クレジットインフォメンションセンター)

主な利用者:クレジットカード会社、信販会社

 

JBA(全国銀行個人信用情報センター)

主な利用者:銀行系金融機関

 

 

全ての信用情報機関で通常のブラック事由(債務整理、返済遅延、貸し倒れ)の掲載期間は5年です。
つまり、ブラックリストに載る原因ができてから5年経過すれば、リセットされてブラックリストから名前が消えます。
例外として、官報掲載される自己破産のみ、JBAだけ10年掲載されることになります。

 

つまり自己破産して5年超え10年以下の期間は、消費者金融や信販会社からの借入やクレジットカードの新規発行審査には悪い影響が残りませんが、銀行からの借入のみ困難になります。
信用情報機関の詳細はコチラ → 信用情報機関とは?

 

 

借入残高を減らしてリストから名前を消す

借入残高を大きく分けると以下の4種類があります。

 

  • 貸金業法に基づく実際の借入 (消費者金融のフリーキャッシングなど)
  • 限度額の設定がある融資枠 (カードキャッシング、カードローンなど)
  • 無担保の目的別ローン (教育ローン、通信教育などの情報商材のローンなど)
  • 担保有りの目的別ローン (車のローン、住宅ローン、不動産担保ローンなど)

 

 

まず最初にチェックしてもらいたいのが、限度額設定がある融資枠です。
クレジットカードのキャッシング枠やカードローンなどは、ATMから契約手続き不要で自由に借入できる特性から、実際に借りていなくても限度額一杯に借入している扱いを受けます。

 

たとえばキャッシング枠30万円あるクレジットカードを3枚持っていた場合、キャッシングを使っていなくても、消費者金融から90万円を借りているのと同等の評価をされてしまいます。
使っていないクレジットカードやカードローンを解約するだけでブラックリストから名前が消えるケースがあります。
クレジットカードを解約すると審査が有利になるのは有名な話ですが、キャッシング枠のないクレジットカードを解約しても効果はありません。

 

その他の借入を整理するときは、貸金業法に基づく借入など無担保・無保証のローンを優先して繰り上げ返済しましょう。
住宅ローンや車のローンは大きな借入残高があっても、滞りない返済をしていれば、審査を受ける際に悪い評価は受けません。(融資額への影響はあります)
担保ありでも、使途自由もしくは事業資金調達の不動産担保ローンの借入はシビアに判断されます。
目的別ローンも全く関係ないワケではなく、収入と支出のバランスを重視されています。

 

たとえば、月に5万円以下のペースで返済する車のローンなら悪い影響は少なくても、低所得なのに高級車を月額10万円以上払うローンを組んで買っていると、ブラックリストに載る要因になってしまうことがあります。
借入先が多岐に渡っていたり、収入と支出のバランスが合っていなくてローンに通らない場合は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して、優先順位を確認しておくとよいでしょう。