金融機関で新たな借入ができなくなりますが、他にブラックリストに載るデメリットはありません。

MENU

デメリット

 

お金が借りられない

 

ブラックリストに登録されると、お金を借りることが出来ないなどのデメリットが出てきます。

 

新しいクレジットカードを作ったり、自動車や家のローンを活用しようとしても、ブラックリストに名前が載ってしまうと難しくなります。

 

返済や債務整理など金融機関とトラブルを起こした人は、お金を貸すと問題が起きてしまう人。

 

ブラックリストに登録された人は、業界内でそう判断されてしまうからです。

 

 

ブラックリストに名前が載ってしまうデメリットとして、金融機関とのお金の貸し借りが難しくなるとイメージしておきましょう。

 

クレジットカードやショッピング・自動車・マイホームローンなどの活用ができず、大きなお金のやり取りが難しくなります。

 

過去に返済や債務整理などで問題を起こしたキャッシング会社と別な会社でキャッシングやローンを組もうとしてもブラックリストの存在から逃げることはできません。

 

ブラックリストが掲載されている信用情報機関は金融機関であればアクセスができ、あなたの過去の情報をチェックできます。

 

お金のトラブルを起こしていたことはすぐに分かるので、キャッシングやローンの審査で断られることが多くなるでしょう。

 

 

そんなブラックリストですが、お金の貸し借り以外では特に問題は起きません

 

ブラックリストに自分の名前が掲載されたからと言って、就職や結婚が不利になるわけではないからです。勤務先に調査が行くといっても、最近は金融会社のチェックだとわからないように慎重に行っています。

 

 

お金の借入行為を求めなければ、ブラックリストに載るデメリットは存在しない。

 

そう思ってもいいかもしれません。

 

しかし、ブラックリストに名前が掲載される人は、過去に返済や自己破産などのトラブルを抱えてしまった人が多いです。

 

こうしたトラブルをきっかけにキャッシングの利用を避ける人も出てきますが、こうした人はもう一度利用してしまう人も多いのが現状です。

 

トラブルを見直し、二度とこうした事を起こさないように対策を考えましょう。

 

ブラックリストに登録されてしまう人はどんな人が多いの?