被害に遭わないためには、クレジットカードの管理を厳重にする必要があります。

MENU

偽装クレジットカードの被害

 

偽装クレジットカードのイメージ

 

普段クレジットカードを利用している人はとても多いと思います。普段の買い物やインターネット通販などにとても便利ですよね。
しかしクレジットカードはとても便利な反面、リスクもあります。

 

リスクの1つに「スキミング」があります。

スキミングとは、クレジットカードの裏面にある磁気テープに記録されている会員番号などのの情報をスキミングマシンという機械を使って読み取り、盗み取る事です。

 

この抜き取ったデータを偽造カードに書き込み、偽造クレジットカードを作り、そのカードで商品を購入したりキャッシングを利用したりします。
偽造クレジットカードの怖いところは、クレジットカードが直接盗み取られているわけではないので、被害に会っている事に気付きにくいことです。
実際に被害者が偽造クレジットカードの被害に気が付くのは、たいていの場合はクレジットカードの利用明細を確認したときになります。

 

こういった偽造クレジットカードの被害は年々増えてきており、これはスキミングと言う行為が容易に出来る用になってきた事を指しています。
偽造クレジットカードの被害に遭わないためには、クレジットカードの管理を厳重にする必要があります。

 

例えば、クレジットカードの清算を行う店は、自分が信用できる店舗のみにするとよいでしょう。

特に、海外などに旅行に行ったときにクレジットカードで買い物をする人は多いかと思いますが、できるだけ大きな店舗で使用するようにするか、現金での購入を心掛けるようにしたほうがよいでしょう。
国内であっても、貴重品は自分の手元から離さない様に気をつけましょう。

 

もしも偽造クレジットカードの被害に遭ってしまった場合、被害の金額の大きさに関わらず、警察に被害届を出すようにしましょう。
また、早急にクレジットカード会社に連絡を取るようにすれば、被害にあった金額を支払わずに済みます。