自己破産を行うことができる条件は、借金を返済する能力が全く無いことです

MENU

自己破産とブラックリスト

 

借金返済に悩む男性

 

「自己破産」は債務整理の一種です。自己破産を行うことができる条件は、借金を返済する能力が全く無いことです。
例えば、仕事をしておらず全く収入が無かったり、収入が少ない為預貯金も無く、返済する事が全く出来ない状況にない、などです。

 

自己破産に金額の大きさがあるわけではありません。1,000万円であっても100万円であっても、返済する能力が無い、と認められれば自己破産をする事が可能です。

自己破産をする為には裁判所に「破産申立書」という書類を提出し、「免責許可」という許可を貰う事により、自分が抱えている全ての負債を無くす事が出来ます。
その際に返済能力を確かめられ、裁判所が返済能力が無いと裁判所で認められる必要があります。

 

自己破産は全ての借金がチャラに出来るというというメリットがありますが、その反面デメリットもあります。
自己破産をすると、すべての財産が現金に換えられ、お金を借りた債権者に渡されます。しかし、20万円以下の価値と認められた財産は手元に残す事が可能です。

 

また、ブラックリストや国が発行する官報という機関紙に氏名や住所が記載されます。ブラックリストとは、金融機関が共有している信用情報機関に「事故情報」として掲載される事です。
その機関はおおよそ10年以内とされています。ブラックリストの記載がなくなっても、その事が知らされる事はまずありません。

 

記載が消えたかどうかは、自分で信用情報がどうなっているかの情報開示請求を各機関に求める必要があります。

 

ブラックリストに載ってしまうと、金融機関でのローンを新たに組んだり、新たにクレジットカードを作ったりする事が出来にくくなります。
また、ブラックリストに載ったからと言って、それ以外の生活に支障が及ぶ事はありません。