仕組みが整備される前に過払い金請求を行った人は、ブラックリストに登録されている可能性があります。

MENU

過払い金請求とブラックリスト

 

注意

 

少し前の日本では、過払い金の請求を行うと信用情報機関に登録され、要注意人物と見られてしまいました。

 

信用情報機関に過払い金を行った事故情報が載ると、一般的にブラックリストの仲間入りになり、今後の借入が難しくなります。

 

借入が出来なくなるという事は、銀行や消費者金融で新しいクレジットカードを作ったり、キャッシングやローンが契約できない事を意味します。

 

 

過払い金の問題を起こす人は、信用情報機関に契約見直しの情報が登録され、ブラックリストに掲載されたこともありました。

 

過払い金はしたいけど、ブラックリストに載るのは避けたい。
そう思った人は、キャッシングやローンをきちんと完済してから過払い金請求を行っていたようです。

 

完済してから過払い金の請求を行えば、昔のブラックリストに登録される事なく、金融機関と過払い金の話し合いが行えたのです。

 

 

過払い金とは、お金を借りた金融機関に払いすぎた利息のお金を返済してもらうお願いです。

 

これは、自己破産や任意整理などの債務整理や返済滞りとは違った問題です。
借入した人と金融機関との情報の行き違いによって起こった金融トラブルです。

 

こうした指摘を受け、過払い金の請求を行ったからといって信用情報機関に事故情報として登録されないように現在では仕組みが変わりました

 

 

信用情報機関は、利用者の支払い能力をチェックするのが目的です。

 

過払い金の請求と支払い問題はそれほど関係がない。
そう判断され、過払い金請求を行っても信用情報機関にその履歴が登録される事はなくなりました。

 

現在では、過払い金の請求をしても信用情報機関に履歴が登録される事はありません。

 

しかし、仕組みが整備される前に過払い金請求を行った人は要注意です。
まだ信用情報機関に過払い金による履歴が残っている可能性があります。

 

国による指導を受けて、信用情報機関は過払い金の請求によってブラックリスト登録を行わなくなりましたが、過去の情報を整理したわけではありません。

 

仕組みが整理される前に過払い金請求を行った人は、それが原因でブラックリストに登録されているかもしれません。