自己破産や個人再生の債務整理を行った場合、ブラックリストに10年間登録されます。

MENU

掲載期間とは

 

カレンダー

 

ブラックリストに登録された自分の名前は、時間の経過によって消滅します。

 

いつまで経ってもブラックリストに自分の名前が載り、借金やクレジットカードが利用できないわけではないのです。

 

 

それでは、いつまでブラックリストに自分の名前が掲載されるのでしょうか?

 

ブラックリストと言われている信用情報機関ですが、いつくか種類が分かれています。
それぞれキャッシングやローンなど、得意な分野がありますが、基本的な仕組みは同じです。

 

もちろん、ブラックリストの名前が消える期間もほとんど同じと考えていいでしょう。

 

 

まず、どんな問題を起こしてブラックリストの仲間入りをしたかで期間は変わってきます

 

一番多いのは、借金やクレジットカード返済の滞納です。きちんと期限までに返済しなければならないお金を支払わない人は多く、この事が原因でブラックリストに載る人は大勢います

 

借金やキャッシングの支払い滞納でブラックリストに登録された場合、5年間の保持期間が必要になります。

 

これはブラックリストに登録されてから5年ではなく、きちんと借金やキャッシングの返済を終わらせてから5年になります。

 

返済の義務を怠った状態を続けると、いつまで経ってもブラックリストから抜け出すことはできません。しっかりと返済義務を全うしましょう。

 

 

次にブラックリストに載ってしまう原因として、債務整理が挙げられます。

 

債務整理とは、自己破産や任意整理などの借金が返せなくなり、支払いができず、債務を整理する行為です。

 

基本的に債務整理を行ったことで金融機関は貸し倒れの状態になります。支払利息だけでなく、貸したお金全部が戻ってこないことも多いので、金融機関にとって大きな損害になるでしょう。

 

債務整理を行った人は、次も同じ失敗をする可能性があるのでブラックリストに登録されます。
これも返済滞納と同じ5年の時間が必要になります。

 

ただし、自己破産や個人再生のような大規模な債務整理の場合10年間のブラックリスト登録が必要になってきます。

 

この期間は新しいキャッシングカードやマイホーム・マイカーローンを組めない状態になってしまいます。