債務整理を行うと、5年ほどはお金の借入ができなくなります。

MENU

債務整理とブラックリスト

 

専門家

 

借りたお金を専門家が調節し、支払い金額を軽減したりする債務整理。

 

債務整理にはいつくかの種類がありますが、どんな債務整理でも、利用すればブラックリストに掲載されます。

 

ブラックリストに掲載されるという事は、新しいクレジットカードやローンの利用ができなくなり、お金の借入に大きな問題を起こすでしょう。

 

 

債務整理は、3つの種類があります。

 

一般的なのは自己破産で、ほかにも任意整理個人再生が存在します。

 

一般的に借りたお金を返せない人が行う債務整理ですが、自己破産だけが存在するわけではありません。借りた金額や社会的な地位などを参考にして、自己破産より任意整理や個人再生のほうがいい場合もあります。

 

 

もちろん、ブラックリストの掲載時期も影響を及ぼします。

 

債務整理は自己破産、任意整理、個人再生の3つの種類がありますが、ブラックリストに掲載され、事故情報が消えるのは5年ほどの年月が必要になります。

 

もちろん、指定信用情報機関からブラックリストの情報が消えるのはタイムラグが存在します。
日時になったら同時に消えるわけではないので、5年という曖昧な時間になってしまいます。

 

 

借金をしてしまったら、自己破産をすればいい。

 

そう思っている人もいますが、自己破産を始めとする債務整理は、貸した側にとって大きな損害になることを忘れてはいけません。

 

債務整理を行って、借金地獄から抜け出し、新しい自分や生活を手に入れる満足感を味わうことも素晴らしいですが、借りた銀行やキャッシング会社は貸し倒れを起こしてしまった

 

これを忘れないようにしましょう。

 

 

債務整理を行ってから5年ほどはお金の借入ができなくなります。

 

この時間でお金を借りなくても生活できる仕組みを自分なりに作っておかないと、またキャッシング会社にお金を借りて、債務整理などの問題を起こすかもしれません。

 

キャッシング会社やクレジットカードのお金はあくまで人から借りたお金を利用しています。
自分のお金のように扱っていますが、自分のお金ではない。

 

債務整理によってブラックリストに掲載された5年間の間に、その事をきちんと自覚しなければいけません。