何度も引き落としができない場合、信用情報機関に事故情報として掲載される可能性があります。

MENU

支払いの遅滞とブラックリスト

 

電卓とお金とカレンダー

 

クレジットカードの支払いなどを滞納すると、信用情報機関にブラックリストとして掲載されます。

 

信用情報機関にブラックリスト扱いされるという事は、クレジットカードやキャッシングカードの利用を制限されたり、新しいカードを発行できない事を意味しています。

 

 

クレジットカードの支払いは、利用者が決めた日に銀行口座から引き落としがされるのが一般的です。

 

きちんと支払いをすればブラックリストに登録される心配はありませんが、引き落としの段階で問題があれば、ブラックリストに扱われる可能性が十分にあります

 

人によってはクレジットカードの引き落としに利用している銀行口座に必要な残高を入金していない人もいるでしょう。

 

このまま引き落とし日を迎えてしまうと、クレジットカードの支払い滞納に扱われてしまいます。

 

会社によって対応が異なりますが、引き落としがきちんとされないと電話やメールで担当者から連絡が来るのが基本です。

 

キャッシング会社や銀行、消費者金融のクレジットカードはいろいろあり、会社によって規則が異なりますが、すぐにブラックリストに掲載されるわけではありません

 

電話やメールで詳細を聞き、すぐに入金を済ませればブラックリストに掲載されないケースも出てきます。

 

こうした小さなトラブルならブラックリストに掲載される問題にはならないでしょう。

 

 

しかし、どんなに小さな問題でもトラブルが何度も発生するようでは、キャッシング会社やクレジットカード会社は利用者に懐疑的な目を向けます

 

1度や2度なら引き落としのトラブルも了承するかもしれませんが、何度も引き落としに問題を出すようでは、信用情報機関に事故情報として掲載される可能性も視野に入れなければなりません。

 

また、最初の引き落としトラブルでも、ずっと入金しなければ問題になります。

 

会社によって判断基準は異なりますが、入金日から60日を経過しても支払いに必要な金額を入金しなければブラックリストに登録されると覚えておきましょう。