信用情報機関は、金融機関が申し込みをした人にお金を貸せるかを判断するデーターベースです。

MENU

信用情報機関とは?

 

目がハテナ

 

信用情報機関とは、銀行またはキャッシング会社とのお金のやり取りが記録される専門機関です。

 

新しいキャッシングカードを作ろうとすると、審査待ちの時間があると思います。
利用者としては、「その間にどんな審査をしているのか?」気になってしまう人も多いでしょう。

 

 

審査を行っている銀行やキャッシング会社は、信用情報機関にアクセスし、申し込みをした人を信用し、お金を貸せるかを判断できます。

 

クレジットカードやキャッシングの利用履歴が登録されているので、「きちんとお金を返せる人物かどうか?」、その判断基準のひとつとして利用されるのです。

 

 

銀行やキャッシング会社が信用情報機関で見るのは『ブラックリストに掲載されているかどうか』です。

 

過去にブラックリストに掲載されるという事は、破産や返済でトラブルを起こしている事を意味します。新しくお金を貸したら自分の会社も過去のトラブルと同じような問題が起こるかもしれないからです。

 

 

信用情報機関に掲載されている情報は、氏名や住所、電話番号、勤務先など、キャッシングカードを作るのに必要な情報のほとんどが掲載されています。

 

会社によって加盟している信用情報機関は違いますが、ほとんどの信用情報機関で様々な過去の個人情報をチェックできるでしょう。

 

ここで申し込みの内容と信用情報機関の情報に違いがあると、審査に悪影響が出てきます

 

打ち間違いで済む場合もありますが、電話番号や住所などの個人情報をあきらかに捏造している場合は、何か問題を抱えていると判断されるからです。

 

 

信用情報機関に掲載される事自体は悪いことではありません。
きちんとクレジットカードの返済を行っていれば、審査のときに有利に働くこともあります。

 

毎月の引き落とし時にきちんと返済しているようなら、銀行やキャッシング会社も安心してお金を貸すことができるからです。

 

信用情報機関は、「金融会社がきちんと申し込みをした人にお金を貸せるかどうか?」、その判断をするデーターベースです。

 

普通の人ではアクセスできない特別な場所と覚えておきましょう。