金融機関が共有している個人信用情報に多重申し込み情報が残ってしまいます。

MENU

クレジットカードの多重申込

 

クレジットカード申し込みイメージ

 

クレジットカードの多重申し込みとは、短期間にクレジットカードを数社に申し込む事です。
例えば、クレジットカードを1社申し込み、クレジットカードが発行されなかったため、すぐに他のクレジットカードに申し込んだりすると、それが「多重申し込み」になります。

 

しかし、この多重申し込みを行うと、クレジットカードを作成しにくくなっていくのです。

なぜかと言うと、クレジットカードを申し込むと、その事実が金融機関が共有している個人信用情報に残ってしまう為です。
金融機関がクレジットカードを発行するときには、必ずこの個人信用情報を閲覧します。そしてクレジットカードを申し込んだ、という事実を記載します。

 

そのため、クレジットカードを申し込んだ、という記載を確認した金融機関は、その申込者にクレジットカードを発行することはまずありません。
クレジットカードを短期間に数枚申し込む、という行為は、金融機関に「お金に困っている」という印象を与える為です。

 

お金に困っている人にクレジットカードを発行するような金融機関はまずありません。使うだけ使いきって自己破産されてしまったら困ってしまいますからね。

 

では、クレジットカードの多重申し込みにならない為には、どのくらいの期間をあければよいのでしょうか?
実はどのくらいクレジットカードの申し込み履歴が残るのか、ということは公表されていません。

 

しかし、一般的にはおおよそ6ヶ月ほどあければ、その履歴が消えるといわれています。一度履歴が消えてしまえば、金融機関がクレジットカードの申し込み履歴をさかのぼって調べる事が出来ません。
個人信用情報は情報開示を求めれば自分で確認する事が出来ます。もしも不安な場合は、自分の情報を確認してみるのも1つの手段です。