夜9時から朝8時に債務者の自宅への訪問、電話、FAXも禁止されています。

MENU

金融機関からの違法な取り立て

 

取り立ての電話に悩む男性

 

金融機関からの取り立て、と聞くととても怖いイメージですが、実は金融機関からの取り立て方法は法律で厳しく定められている為、普通であれば怖い取り立てを受ける事はありません。
金融機関の違法な取り立て方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

自宅訪問による取り立て

よくドラマなどで夜中に怖い取り立て屋さんが自宅に来てドンドンと叩く、というイメージがありますが、実際は夜9時から朝8時の間に債務者の自宅を訪問すること、電話をかけることやFAXを送ることは禁止されています。
また、勤務先など自宅以外の場所に電話をかけたり、訪問する事も禁止されています。

 

しかし、朝8時から夜9時までの間に電話で連絡が取れなかったり、自宅を訪問しても全く連絡が取れない場合は、夜の自宅訪問や勤務先へ電話をかけることが認められてしまいます。
万が一、自宅に来た場合、自分が求めれば帰ってもらう事が出来ます。しかし、それでも帰ってもらえない場合は違法になります。

 

 

自分の借金を周りの人に知らせてしまう行為

たとえ親族であっても、借金があることを他の人に教えてしまう行為は違法になります。また、親族だからと言って他の人に借金の返済を求める行為は違法です。
他の人や他の金融機関に借金をしてお金の返済を要求する行為も禁止です。

 

 

債務整理中の取り立て

弁護士や司法書士などに依頼をして、任意整理や自己破産など債務整理を行うときには、金融機関に債務整理をする旨の通知がされます。
通知を受けた後、金融業者が取り立てをすることは違法です。

 

 

違法な取り立てを受けた場合

違法な取り立てを一度受けてしまうと、その後その行為がエスカレートする場合があります。そうならない為にも早急に警察に通報したり、被害届を出すようにしましょう。
また、弁護士などに頼んで債務整理を行うようにするのも1つの手段です。